医療法人健仁会 益子病院

  • HOME
  • 医療関係者の方へ・設備のご紹介

医療関係者の方へ

設備のご紹介

外来設備

超音波画像診断装置

image 平成24年4月より、乳癌画像診断領域における、コンピューターの支援画像診断(CAD)を導入致しました。
当院は、マンモグラフィ検診施設画像認定を取得しており、認定技師を含む女性検査技師が担当しております。エコー装置には超音波画像診断装置 『FAZONE M』 を導入しております。 

胃・大腸カメラ

image  上部及び下部消化管内視鏡の設備を整えており、NBI拡大観察により早期癌(食道・胃・大腸)の診断にも役立てております。
 内視鏡専用洗浄機により内視鏡の衛生管理もしっかり行っております。 
 なお、平成29年7月より、経鼻内視鏡カメラを導入致しました。ご希望の方は事前に当院までお問い合わせください。 
  • image

  • image

マンモグラフィー

image 平成28年4月より、マンモグラフィーの装置を従来のCR型から、デジタルマンモグラフィーへ更新を行いました。
それにより、従来撮影に10分前後かかっていましたが半分程度の撮影時間で済むようになり、待ち時間の短縮、また、画像のデジタル化により高画質になりました。

新世代320列エリアディテクターCT

image AI(人工知能)技術を搭載した面検出器CTを日本で初めて益子病院が導入しました。

この度当院では量産型面検出器CTとしては国内初のAiCE「Advanced intelligent Clear-IQ Engine」を搭載したCTを導入しました。

AiCEはAIの一種であるDeep Learning(深層学習)を用いて設計したCTの最新の画像再構成技術です。
従来よりも高いノイズ低減効果を得られ、被ばく低減につながる技術です。
特に心臓検査、肺、腹部検査で威力を発揮します。

従来使用していた装置「Aquilion ONE ViSION Edition」も、現状存在する臨床用CTでもっとも広い16cmの検出器を持つ320列CTでしたが、
今回導入した「Aquilion ONE GENESIS Edition」はその利点はそのままに、FIRST(順投影適用モデルベース逐次近似再構成法)の搭載や、コンパクト化による圧迫感の低減を実現しています。

より速く、より高精細で低被ばくな検査を安心して受けていただくことができます。

血管撮影室

image 年間約400件のカテーテル治療を行っている血管造影室です。

手術室

image 平成27年1月に改装工事が完了した手術室。クリーンルーム(※)を設けたことにより衛生的な環境で手術ができるようになりました。


※クリーンルーム: 空気中の浮遊塵埃が限定された清浄度レベル以下に管理され、必要に応じて温度・湿度等を一定の基準に制御する部屋

病棟設備

病棟フロア

  • image

  • image

  • image

  • image

病室

  • image

  • image

  • image

  • image

ページ先頭へ戻る