医療法人健仁会 益子病院

  • HOME
  • 患者さまへ・診療科・部門のご案内

患者さまへ

診療科・部門のご案内

支援部門

薬剤科

薬剤科の役割

薬剤科の役割は、患者様の安心・安全な治療に貢献することです。
薬剤科はC棟2階にあり、現在、薬剤師6名 事務1名で 業務を行っています。

当院では外来診療は原則、院外処方箋を発行し、患者様は、近隣の調剤薬局で薬を調剤して頂きます。
薬剤科では、院外処方箋に関する、調剤薬局や患者様からの疑義照会に対応しています。
処方医に確認し、お待たせしないように返答するよう務めています。

薬剤管理指導業務

image image

入院時より、患者様一人一人に、担当薬剤師が付きます。
持参薬の確認、アレルギー歴の聴取、服薬形態の確認等を行い、薬歴を作成します。

入院処方箋は、薬歴を確認し、飲み合わせや疑義を照会してから、調剤されます。
薬剤科内にはユヤマ調剤支援システムが入り、薬の重複や禁忌等のチェックに利用しています。
調剤後、別の薬剤師が監査をし、担当が患者様や病棟に配薬します。
注射処方箋も同様です。疑義を訂正し、混合の可否・溶解後の安定性・投与時間・投与ルート・保存方法等を考慮して、患者様毎に取り揃えラベルを貼付し病棟に届けています。

抗がん剤は、投与量や投与間隔を管理し、薬剤科内で混合し、間違いのない投与に務めています。

外科の手術予定入院の場合、外来時に患者様の服用薬を確認し、休薬の必要な薬をチェックしています。

担当薬剤師は定期的に、病室に伺い、副作用の有無の確認、薬の説明を行います。また、退院時には退院後の継続療養に支障がないよう、お薬の効能や服用方法、副作用時の対処等、ご説明させて頂きます。調剤薬局・医師・患者様の連絡用にお薬手帳をお渡しします。

病棟薬剤業務

image 薬剤師は、病棟に駐在して、チーム医療の一員として医師・看護師・他のスタッフと情報を共有し、情報提供や薬剤の管理業務を行っています。

医薬品情報管理業務

医薬品は日進月歩。新薬の開発はめまぐるしく、また新たな副作用の報告等もあります。
それらの情報を速やかに収集し、医師や看護師・患者様に伝達する必要があります。
薬剤科では、PMDA(医薬品医療機器総合機構)・厚生労働省・医薬品メーカー等から情報を収集し、緊急性に応じて配信しています。
また、 院内の電子カルテシステムの医薬品のマスター管理を行っています。
院内で使用する医薬品の採用や変更は、薬事委員会で検討され、薬剤科が事務を担っています。
職員への研修も随時、企画し実施しています。

チーム医療への参画

image 院内の委員会や各種チーム、教育活動に参加しています

 ○ NST委員会
 ○ ICT 感染対策委員会
 ○ 手術室・輸血療法委員会
 ○ 糖尿病教室


薬剤師としてのスキルアップに努め、研修に参加し、専門薬剤師をめざして研鑽しています。

 ○ 認定薬剤師       5名 (病院薬剤師会)
 ○ 糖尿病療養指導士    3名
 ○ 指導薬剤師       1名
ページ先頭へ戻る