医療法人健仁会 益子病院

  • HOME
  • 患者さまへ・診療科・部門のご案内

患者さまへ

診療科・部門のご案内

循環器科             >>>益子病院における検査件数、手術件数の実績

image ・ 益子病院循環器科は、地域の皆様の心血管治療を行うべく、平成14年に慈恵医大から3名の常勤医師を招聘し、心血管カテーテル室を開設しスタートしました。

・ その後、多数の症例経験を積み重ね、それが関連学会で認められました。平成21年4月には日本循環器学会研修指定施設となり、平成27年4月には川口市内で唯一の日本心血管インターベンション治療学会研修施設となりました。

・ 研修指定施設に相応しい豊富な臨床経験を有する循環器専門医が最新の診断機器を駆使し、循環器疾患を有する患者様に最良の医療を提供するよう努めています。

・ 特に心血管カテーテル治療や末梢血管手術には力を入れており、ご紹介の患者様は学会認定の指導医・専門医・認定医が責任をもって治療にあたっています。

・ 冠動脈治療器材、下肢動脈治療器材、新規経口抗凝固薬をはじめとする各種循環器疾患治療薬剤などの他施設共同研究に多数参加し、新しい治療方法の確立や検証に協力しています。通院されている患者様が、これらに多数賛同していただいているおかげで、その登録症例数は常に上位を占め、これも益子病院循環器科の名前を世の中に広めています。

・ コメディカルの教育にも力を入れ、インターベンションエキスパート技師やインターベンションエキスパートナースの育成に努めています。カテ室業務はこれら有資格者が担当します。

・ 循環器疾患のため、お困りの方がおれば、いつでもご相談ください。 

こんな症状の患者さんを拝見します

image ○動悸
脈がとぶ ドキドキする 強く打つ鼓動 ボーっとする めまいがする など

胸痛 胸部圧迫感
運動時の胸部圧迫感 早朝深夜の胸部圧迫感 喉の奥の違和感 左肩の痛み 背中が痛い
胃部不快感 奥歯が痛い など 

呼吸困難
動くと息が切れる 夜、寝ると苦しい など

足のむくみ
足がむくむ 靴下の跡が気になる など

下肢虚血症状
歩くと足が重くだるい いつも足が冷たい 足の色が左右で違う 夜、足がつりやすい など

下肢静脈瘤
足にぼこぼこ静脈が見える 足に妙な湿疹や変色がある 足がなんとなくだるい など

治療対象疾患

虚血性心疾患

狭心症心筋梗塞は正確で迅速な診断が必要です。心エコー、24時間心電図、運動負荷試験、320列冠動脈CTや心臓カテーテル検査が施行され、最適な治療法を決定します。
特に当院に採用されている320列CTは、埼玉県南部にはまだ2台しかない最新鋭CTです。2-3秒で撮影できるので、被ばく量も造影剤使用量も少なくて済み、息止めの難しい高齢者や不整脈のある患者さんに有利な検査です。
腎臓機能低下や造影剤アレルギーがなければ、気軽に受けられ、非常に詳細な結果が得られる検査です。 


○経皮的冠動脈インターベンション PCI
当院は、学会認定研修施設ですから、カテーテル治療を得意としています。
前述した320列冠動脈CTと最新鋭の画像診断装置を駆使し、学会認定の指導医、専門医が責任をもって治療にあたっています。治療は病変部位に応じて、各種バルーン、ステントを使い分けて治療しています。

急性・慢性心不全

心臓のポンプ作用の低下によって、息切れ、呼吸困難、むくみなどを生ずるのが、心不全です。
急性心不全は、迅速に適確な治療を行わないと生命を脅かす危険な状態です。慢性心不全は、重症度に応じた内科治療から外科治療まで様々な治療法を選択して加療いたします。
心不全は、虚血性心疾患、弁膜症、心筋症、不整脈、代謝性疾患など様々な病気が原因となるので、それらに対する検査治療が、再発予防に重要です。 

高血圧症

重症度、心臓・脳・腎臓などへの影響、その他の動脈硬化因子(糖尿病、高脂血症など)を考慮して、生活指導から降圧剤の投与を行います。

○腎血管性高血圧高血圧の中で、腎動脈の狭窄が原因でおこるものです。数種類の降圧剤を内服してもなかなか血圧が下がらない、徐々に腎機能が悪化する方にみられます。
エコー、CTなどで診断がつき、カテーテル的なステント治療が行われます。 

高脂血症、糖尿病

高脂血症、糖尿病は、無症状なうちに全身の血管の動脈硬化を進行させるものです。生活指導から薬剤投与まで総合的に判断して治療します。

弁膜症

弁膜とは、心臓の中にある、効率的に血液を送るための扉のようなものです。
扉が固くなって開きにくくなる狭窄症や、扉のしまりが悪くなる閉鎖不全症があります。
心不全の原因となることが多く、生活指導や薬剤投与で経過を観察しますが、病状が進行すると手術加療が必要となることがあります。
当院では心臓手術は行っていないので、詳細な検査の後に経験豊富な専門医療機関をご紹介します。

○大動脈弁狭窄に対するバルーン形成術
大動脈弁狭窄に対しては、現在心臓手術の人工弁置換術と経カテーテル的な人工弁置換術が主流で行われています。
当院でこれらは施行できませんが、心不全で入院し、病状改善が得られない患者さんには、上記根治術への橋渡しとして、バルーンによる大動脈弁形成術を行っています。
また、カテーテル的大動脈弁置換術の適応のない透析患者さんにも施行しています。
高齢者にも施行でき、病状改善効果が高く、繰り返し施行できる利点はありますが、根治治療ではないので、担当医との十分な話し合いの上、施行されます。

○僧房弁狭窄症、肺動脈弁狭窄、肺動脈狭窄に対するバルーン形成術 
大動脈弁狭窄に対するバルーン形成術同様、根治治療ではありませんが、病状改善には効果があります。 

不整脈

不整脈といっても、頻脈と徐脈、危険な期外収縮など、経過観察で良いものから緊急の治療を要するものまでさまざまな疾患があります。
脳梗塞予防にしっかり抗凝固薬を投与することもあります。治療法も、薬物治療からペースメーカー植え込み、植え込み型除細動器、不整脈の根源を断ち切るアブレーション治療など様々です。
病態に応じた治療法を選択ご提示し、必要であれば専門医療機関にご紹介します。

○ペースメーカー植え込み術
徐脈性不整脈に対する薬物治療には限界があり、重篤な合併症の発生もほとんどゼロで、手術時間も1時間弱であることや、高齢化に伴い植え込み手術は増加しています。
患者さんの病態に合わせたペースメーカーを選択して植え込んでいます。
術後はペースメーカー外来で、機器の状況を定期的に確認しています。電池寿命が7-10年なので、定期的に電池交換手術が行われます。

閉塞性動脈硬化症

下肢動脈の狭窄、閉塞で生じます。高血圧、糖尿病、高脂血症、腎機能低下、喫煙などある方、また虚血性心疾患、脳梗塞などのある方に多く合併します。下肢の冷感しびれや歩行時の足のだるさ痛みで、整形外科より紹介されることも多い病気です。エコー、ABI検査、末梢血流検査、造影CT、カテーテルによる造影検査で診断し、重症度に応じて、薬物治療、カテーテル治療または外科的治療を選択します。

○経皮的四肢血管拡張術 EVT
四肢血管のカテーテル治療も学会認定研修施設ですから、当院の得意とする分野です。
最新鋭の治療機器を学会認定指導医・専門医が駆使して治療します。これまで、治療困難であった高度石灰化病変も全国にまだ70台しかないCrosserという閉塞部貫通カテーテルを有しているので、安全に確実な治療が可能となりました。
さらに、腎障害やアレルギーの為に造影剤が使用できない方には、治療できる病変は限られるが二酸化炭素を用いた炭酸ガス造影によるEVTのみも施行しています。
また、全国の有名な先生方の指導の下、新しい治療法もどんどん取り入れて、他院で治療困難といわれ紹介される患者さんも積極的に治療しています。

下肢静脈瘤

下肢の静脈の逆流防止機能が破たんして、足にボコボコ静脈が浮いてくる病気です。
エコー検査で診断され、弾性ストッキング着用や生活指導、限局的な瘤に対し薬剤を注入する硬化療法、手術によるストリッピング+瘤切除やカテーテルによる血管内焼却術を行っています。 

深部静脈血栓症、肺血栓塞栓症

長期に寝たきり状態や手術後の安静などで、下肢の深部静脈に血栓を生じる病気です。
この血栓が肺動脈まで飛んでしまうと、肺血栓塞栓症を発症します。これはすぐに適切な治療を施行しないと生命にかかわります。
必要な生命維持の処置とともに、点滴や内服薬、必要があればカテーテル的な血栓溶解が施行されます。
発症予防や再発予防のためにお腹の下大静脈にフィルターを留置することもあります。 

血液シャント作成、シャントの狭窄・閉塞

当院腎臓内科および附属透析クリニックと連携して、血液透析用のシャント作成を行っています。

○シャント血管形成術 シャント PTA
冠動脈、四肢血管のカテーテル治療の技術を応用し、シャント血管の狭窄や閉塞を開通させています。
一度作成したシャント血管を生涯にわたり長く使用していただくことが  最大の目的です。早期に発見された狭窄は15分ほどで治療できます。
再狭窄が30%ほどあるのが問題ですが、繰り返し治療できることが最大の利点です。血栓性閉塞には、カテーテル治療や血栓溶解剤投与、外科的血栓除去を行います。
最近は切らないカテーテル的な血栓除去血栓溶解の成績も良好です。

実績(検査件数、手術件数)

ページ先頭へ戻る