医療法人健仁会 益子病院

  • HOME
  • 患者さまへ・診療科・部門のご案内

患者さまへ

診療科・部門のご案内

内視鏡科

消化器疾患における正確・迅速な診断、適正治療、術後後遺症(合併症)対策を含めたトータルケア

常勤医4名を中心に、慈恵医大外科より非常勤医4名、慈恵医大内視鏡科より非常勤医2名、がん研有明病院より1名にて、 主に消化器疾患の診断、治療を行っております。
また、特殊外来として乳腺甲状腺疾患外来、 肝胆膵疾患外来を設けております。 
当院では、日本外科学会専門医制度指定施設、日本消化器外科学会専門医制度関連施設病院 として登録され、研修医、外科レジデント(後期研修医)を受け入れ、特に外科レジデント臨床、研修、関連学会活動を推進しております。

代表的診療対象疾患

【良性疾患】
食道静脈瘤、逆流性食道炎、食道アカラシア、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ポリープ、胆のう結石、総胆管結石、肝内結石、胆のう炎、胆管炎、急性・慢性膵炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット病、大腸ポリープ、大腸憩室炎、虚血性大腸炎、内外痔核、痔瘻、鼡径ヘルニア(大腿ヘルニア、臍ヘルニア)、腸閉塞

 【悪性疾患】
食道癌、胃癌、十二指腸癌、ファーター乳頭部癌、肝癌、胆管癌、胆のう癌、膵癌、大腸癌、消化管悪性リンパ腫、消化管間質腫瘍(GIST)

診断・治療

基本的に上部消化管内視鏡(胃カメラ)、下部消化管内視鏡(大腸鏡)、ERCP(胆・膵管造影)を行っております。平成20年日本消化器内視鏡学会認定による指導施設を取得。
内視鏡室の拡張とともに、胃腸科から内視鏡センターとして新たに充実スタートしております。

 1)上部内視鏡診断  
食道:食道炎、逆流性食道炎、食道静脈瘤、マロリーワイス症候群、食道アカラシア、食道憩室、食道癌など
胃:胃炎、ピロリ菌感染症、胃ポリープ、胃癌など
十二指腸:十二指腸炎、十二指腸潰瘍、ポリープ、十二指腸癌など

2)上部消化管内視鏡治療(手術)
食道静脈瘤:EVL(食道静脈瘤結紮)、EIS(食道静脈瘤硬化療法)による止血、出血予防
食道癌:早期癌に対するEMR(粘膜切除術)、切除不能進行癌、狭窄症例に対するステント挿入術出血性胃・十二指腸潰瘍:止血剤注入、クリップ出血など
早期癌:EMR(粘膜切除術)、ESD(粘膜下切除)、適応症例では、癌はほぼ完治します
PEG(経皮的内視鏡下胃瘻造設術):経口摂取困難な症例に経管栄養ルートを確保します
吻合部狭窄、食道・胃切除術後に生ずる狭窄に対して、内視鏡下バルーンを使用して内腔を拡張します

3)下部消化管内視鏡診断
大腸炎(虚血性大腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸経炎、大腸ベーチェット病)、大腸憩室、大腸ポリープ、大腸癌、内痔核など

4)下部消化管治療(手術)
大腸炎、大腸憩室炎、大腸潰瘍は基本的に保存的(薬物)治療を行います
ポリープ:電気メスを使用し、経内視鏡的にポリープを切除します
早期大腸癌:EMR(粘膜切除術)適応により癌はほぼ完治します
内痔核:痔核結紮術等、適応症例により行っております

5)胆道系内視鏡診断
黄疸(閉塞性黄疸)および総胆管結石を疑うときなどに行います
総胆管結石、胆管癌、膵癌、ファーター乳頭部癌など

6)胆道系内視鏡治療
総胆管結石:EST(内視鏡的ファーター乳頭括約筋切開術)、総胆管出口を切開、結石を採石します
胆管癌、胆管狭窄:胆管ドレナージ術(ステントチューブを胆道に留置、黄疸の改善をはかります)


内視鏡治療は慈恵医大内視鏡科指導医3名により行っておりますが、高度内視鏡技術を必要とする症例は、慈恵医大本院に速やかに転院対処できるよう配慮いたしております。


診療実績

1)上部内視鏡検査および内視鏡手術

平成26年 平成27年 平成28年
上部内視鏡検査 2218 1713 1668
上部内視鏡治療 50 43 21
PEG造設 9 8 4
EMR、ESD 10 4 1
EVL 8 3 2
止血術 20 25 9
異物除去 3 3 5

2)下部内視鏡検査および内視鏡手術

平成26年 平成27年 平成28年
下部内視鏡検査 656 689 736
下部内視鏡治療
ポリペクトミー、EMR
77 94 109

3)胆道系検査および治療

平成26年 平成27年 平成28年
胆道系検査 37 38 36
胆道系治療
EST
5 3 3
胆道系治療
胆管ステント留置
27 31 33
ページ先頭へ戻る