益子病院 川口市 心臓血管外科 下肢静脈瘤|病院長のご挨拶

  • HOME
  • 病院のご案内・病院長のご挨拶

病院のご案内

病院長のご挨拶

病院長の挨拶

image  この度、病院長を拝命いたしました。当院を受診される患者様、関係者の方々よろしくお願いいたします。
私は益子家の親族ではありませんが長きにわたり益子病院とつながりがあります。
大学医局に所属している昭和56年(39年前)から、益子病院で週1回昼間の診療と夜間当直、さらに月1回の土曜日、日曜日の当直をこなしておりました。これには益子病院創設者初代院長(益子健一先生)のご子息であり、私の所属していた大学医局の先輩でもある心臓外科医・益子健男先生の口添えがあったことによります。その結果、益子病院にて大学病院では経験できない実践的な医療に携わらせて頂くことができました。残念ながら健男先生はすでにご逝去なされましたが、この先生に診療のイロハを教わったといっても過言ではありません。言い換えると私の医師としての基礎はこの益子病院にあったと思います。さらに平成14年4月からは大学病院を辞し、この益子病院の常勤医師として働いております。約40年間にわたり私を育てていただいた益子病院の院長を務めさせて頂くことには感慨深いものがあります。
 前院長(益子健康先生)のお考え通り、当院は地域に根差した病院であります。大学病院や大規模な総合病院とは担う仕事が異なることは当然の事であります。当院の役目を肝に銘じ、勤務する医師・看護師・他のコメディカル・事務職員と協力し、今以上に地域の皆様に満足して頂けるような病院にしてまいりたいと考えております。
 令和2年1月からは形成外科の吉田医師(女性医師)、さらに4月からは内科医として八反丸医師(女性医師)、腎臓内科医の遣田医師(女性医師)、心臓血管外科医の黄医師(男性医師)を新たに迎えることができました。これにより当院を受診される患者様に、より手厚い診療を提供できるものと考えます。また現在も女性医師は4名勤務しておりますが、さらに3名の女性医師が加わることで、同性の医師を希望される女性の患者様も安心して通院して頂けるのではないかと存じます。
 職員一丸となり地域医療に取り組んでまいります。今後とも益子病院をよろしくお願いいたします。

                              令和2年4月   益子病院院長 鈴木和彦

ページ先頭へ戻る